【カリスマ馬券師】って誰?

キングの馬券師!森勝義は芝浦工業大学を卒業時に皇帝シンボリルドルフを管理していたミスター競馬、野平祐二調教師と親交を深め、島国競馬だった日本の馬が敵地でも世界相手に真っ向勝負できると熱く語り合い、シンボリルドルフ、和田オーナー、野平先生、岡部騎手と共に森氏もアメリカへ同行。ホースマンのポリシーと哲学を学び予想に開眼。

【カリスマ馬券師】って誰?

思い起こせば90年有馬記念では惨敗続きで多くのファンから「終わった…」と思われ地獄を見たオグリキャップが絶対に復活する!と予告。1点大勝負を敢行。奇跡のラストランを見せつけ競馬ファンのド肝を抜いた。
93年有馬記念でも前年の有馬で11着惨敗。ましてや1年振りの出走で無印のトウカイテイオーが大波乱の主役になると大胆予告。スポーツ新聞紙上でキングSは復活宣言。衝撃的な伝説を作った。

Q2の電話アクセスが90年有馬記念(土)(日)で1万5千人となり3000万円の売り上げ。93年有馬記念の(土)(日)では2万人を突破して4000万円以上の売り上げを計上。Q2ブームの火付け役となり、キングSの発展の導火線となった。
只今、キングスポーツの会員数12万人と業界NO.1に君臨!森 勝義はキングSの高配当!万馬券!だけを狙う番組である≪カリスマ馬券≫を担当し、1点に千円のスタートで100万円の大台突破を何度も達成。馬券で家を建てた男!と穴ファンに絶大な支持を得ている。さらにキングの≪カリスマ馬券師≫森 勝義は『休暇を楽しむ優雅な日本人!』としてTBSの≪ニュース≫に出演した。

⇒カリスマ馬券師について

PAGETOP